(関連書籍紹介)他人を非難してばかりいる人たち バッシング・いじめ・ネット私刑 (幻冬舎新書) 新書

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

他人を非難してばかりいる人たち バッシング・いじめ・ネット私刑 

岩波明

新書  2015/9/30

幻冬舎



内容


マスコミやネット住民はバッシングが大好物。

失言やトラブルによって「悪人」となった対象を見つけては非難するが、最近ここに一般の人も追随し、まるで国民総出のいじめの様相に。

このとき、非難する側は必ず「正義」を振りかざすが、実は他人を傷つけて楽しむ心理も混在する。

もともと、似た価値観を共有する日本人は、差異に対して敏感で嫉妬を抱きやすく、異物を排除する傾向が強い。

さらに、適度に豊かな現代には空虚さが蔓延しており、若者は悲観的で自信がない。

現代人の心の歪みを、精神科医である著者が斬る!

出典;幻冬舎ホームページ『他人を非難してばかりいる人たち バッシング・いじめ・ネット私刑』


著者プロフィール


岩波 明(いわなみ あきら、1959年2月18日 )は、日本の精神科医、昭和大学医学部精神医学講座主任教授。

出典;「岩波明」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』2018年7月1日 (日) 03:57 UTC



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る