(関連書籍紹介)ネットいじめ ウェブ社会と終わりなき「キャラ戦争」 (PHP新書) 新書  2008/7/16

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ネットいじめ ウェブ社会と終わりなき「キャラ戦争」 (PHP新書)

荻上 チキ

新書  2008/7/16

PHP研究所



内容


インターネットはいじめの温床、匿名ゆえに陰湿な誹謗中傷の嵐。

「子どもたちを守れ!」を合言葉に、ネットやケータイの使用規制が叫ばれる。

はたしてこれで、いじめは減るのか?

「学校裏サイト」を利用する子どもたちの生の声を分析すると、ネット空間は現実の人間関係の延長にあり、要は使う人間の質と環境が問題だとわかる。

そしてそこには、空気を読まなければ、叩かれる現代の若者事情が見え隠れする。

学校でも、職場でも簡単に見えるようになった<陰口>。

この息苦しさの正体が明らかになる。

【内容紹介】つくられた「学校裏サイト」不安/ほとんどが口コミで広がることの意味/「ネットいじめ」はネットのせいなのか/陰口が本人に見られたケース/「いじめられ」なくても「いじられ」る可能性/「コミュニケーションの網状化」を生きる私たち/キャラをめぐる病/ウェブ・コミュニケーションの未来/問われるべきは「大人の側の成熟度」etc.

出典;PHP研究所ホームページ『ネットいじめウェブ社会と終わりなき「キャラ戦争」』


著者プロフィール


荻上 チキ(おぎうえ チキ)

男性 1981年11月2日

日本の評論家、編集者

特定非営利活動法人「ストップいじめ!ナビ」代表理事。

テクスト論、メディア論を専門としている

出典;「荻上チキ」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』2018年8月15日 (水) 05:24 UTC



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る