(関連書籍紹介)いじめの解決 教室に広場を 単行本(ソフトカバー) – 2018/7/30

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

いじめの解決 教室に広場を

村瀬学

単行本(ソフトカバー) – 2018/7/30

言視舎



内容


大人はいじめを解決できない!

さらなる問題提起!

教室に広場をつくり、子ども自身の手で「法」を運営できる「法の人」を育てる。

その具体的な方法を提案する。

『『君たちはどう生きるか』に異論あり!』で、作品の「いじめ」解決法に真っ向から異論を唱えた著者が、どうするのかを、具体的に全面展開する。

出典;言視舎ホームページ『いじめの解決 教室に広場を』


目次


はじめに―「法の人」を育てる

第1章 教室に広場を
第2章 いじめを描く文学作品の読み解き―文学の力へ
第3章 「広場」をどうつくるか
第4章 いじめ 出来事と研究(「大津市中2いじめ自殺事件」と森田洋司『いじめとは何か』)
第5章 立法として制定された「いじめ防止対策推進法」異論
第6章 もうひとつの「広場」考 ほか

出典;言視舎ホームページ『いじめの解決 教室に広場を』


著者プロフィール


村瀬 学(むらせ まなぶ、1949年 – )は、日本の児童文化研究者、心理学者、同志社女子大学教授。

出典;「村瀬学」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』2017年10月26日 (木) 09:48 UTC



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る