(関連書籍紹介)いじめ 心の中がのぞけたら2-漫画 明日がくる 単行本 – 2017/10/21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

いじめ 心の中がのぞけたら2-漫画 明日がくる

本山 理咲

単行本 – 2017/10/21

朝日学生新聞社



内容


朝日中高生新聞に連載中の漫画「明日がくる」をまとめた『いじめ 心の中がのぞけたら―漫画 明日がくる』(1巻、セレクト版)の続編です。

漫画「明日がくる」は、投稿欄に寄せられた手紙などをもとに、著者が創作した漫画で、中高生の本音や複雑な心もようを描いています。

いじめにまつわる体験や思いに共感できるだけでなく、こうしたら、こう考えたらというヒントもいっぱい詰まっています。

2巻以降は、2012年にカラー化したほぼ全編を1年間分ずつ、まとめます。

巻末には、「いじめられたら」「いじめをしてしまったら」「これはいじめ?」「生き方に悩んだら」「生きるのに疲れたら」「友達について悩んだら」「お手本にしたい人」などに分けた「おすすめ索引」もあります。

出典;朝日学生新聞社ホームページ『いじめ 心の中がのぞけたら2―漫画 明日がくる』


目次


傷つけたらいじめ?/勝ち組負け組/私の好きなもの/髪を切った日/いじめへの一歩/私の青春/100%正しいこと/風評被害/無抵抗な子/なりたい職業/グループと友達/豊かな言葉/人生は戦い/楽しかった時間/自信/栄養バランス/一人じゃなければ/環境問題/前向きな私/親友だった/さみしかった心/チャージの日/努力しかない/イヤな心を消す薬/友達として/すばらしい仕事/何のために?/生きていてくれて/流れを変えろ/うそをついて生きても/親からもらったもの/逃げるか 挑むか/当たり前のすばらしさ/心臓の声/本音の本音/誰かが誰かを嫌いでも/優しくしてあげて/正しい心/一人ひとりの思いが/物語は続く/私の人生/感情の洪水/二人じゃなくても/友達は自分で/旅する心/因果応報/賞をもらった日/学校でしか学べないこと/第三者の力/おすすめ索引

出典;朝日学生新聞社ホームページ『いじめ 心の中がのぞけたら2―漫画 明日がくる』


著者プロフィール


本山 理咲(もとやま りさ 1968年4月19日 – )は、日本の漫画家。

神奈川県出身だが、血は九州と話す。

O型。

日本大学商学部卒。

同じく漫画家の本山一城は実兄。

主に芳文社や竹書房の漫画雑誌でOLやネコをメインにした話を描く。

出典;「本山理咲」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』2018年2月12日 (月) 19:27 UTC



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る