(関連書籍紹介)いじめ問題をどう克服するか (岩波新書) 新書

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

いじめ問題をどう克服するか (岩波新書)

尾木 直樹 (著)

新書  2013/11/21

岩波書店



内容


いじめを苦に子どもが自殺する事件が後を絶たない。

いまや社会全体で問題の克服を真剣に考えるべきではないか。

長年、子どもや教育の問題に向き合ってきた著者が、子どもの関係性の変化、集団主義が浸透する教育現場など、今日のいじめの背景を分析。

いじめを防止するために学校、家庭、社会がすべきことを具体的に提言する。

出典;岩波書店ホームページ『いじめ問題をどう克服するか (岩波新書)』


著者プロフィール


尾木 直樹(おぎ なおき、1947年1月3日 – )は、日本の教育評論家。

法政大学特任教授。

臨床教育研究所「虹」主宰。

血液型はA型。

愛称は、「尾木ママ」

出典;「尾木直樹」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』2018年7月8日 (日) 15:16 UTC



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る