(関連書籍紹介)ぼくらの作った「いじめ」の映画―「いじめ」を演じて知った本当の友情 (感動ノンフィクションシリーズ) 単行本 2007/11/1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ぼくらの作った「いじめ」の映画―「いじめ」を演じて知った本当の友情 (感動ノンフィクションシリーズ)

今関 信子 文

尾木 直樹 解説

単行本 2007/11/1

佼成出版社



内容


群馬県大胡小学校の生徒たちは、「いじめ」の映画を作ることになった。

しかし、いじめを演じるうちに、現実との境はなくなり、出演者たちは悩み始めた。

いじめの本質を見つめ、克服の方法を模索した生徒たちの一年を追う。

出典;佼成出版社ホームページ『ぼくらの作った「いじめ」の映画―「いじめ」を演じて知った本当の友情 (感動ノンフィクションシリーズ)』


著者プロフィール


今関 信子


尾木 直樹(おぎ なおき、1947年1月3日 – )は、日本の教育評論家。

法政大学特任教授。

臨床教育研究所「虹」主宰。

血液型はA型。

愛称は、「尾木ママ」

出典;「尾木直樹」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』 2018年7月8日 (日) 15:16UTC



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る