(関連書籍紹介)なくならない「いじめ」を考える (教育別冊) 単行本 2008/2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

なくならない「いじめ」を考える (教育別冊)

教育科学研究会 編

単行本 2008/2

国土社



内容


「いじめ」はどこでも起こりうる。

その現実を直視したうえで、子どもたちが安心できる人間関係はどうしたら築けるのか、子ども、青年、保護者、教師、カウンセラー、研究者が考えあう。

出典;国土社ホームページ『なくならない「いじめ」を考える (教育別冊)』


目次


「いじめ」の現実―当事者たちの声…「啓祐の死と向き合っていま考えること」ほか

「いじめ」相談の現場から…「子どもの生活世界と『いじめ』問題」ほか

子ども・青年が「いじめ」を考える…「インタビュー・子どもは『いじめ』をどう見ているか」ほか

教育行政の「いじめ」対応とその問題…「いじめ実態調査などの動きをめぐって」ほか

出典;国土社ホームページ『なくならない「いじめ」を考える (教育別冊)』


著者プロフィール


教育科学研究会(きょういくかがくけんきゅうかい)(教科研)は、日本の民間教育研究団体の一つ。

1937年5月に結成されたが、翼賛政治体制のもと、1941年4月に解散した。

戦後、1951年に機関誌『教育』を復刊し、1952年3月27・28日の大会によって再建された。

同年6月10日運動綱領決定。

現在も多数の分科会を持ち、毎年夏に全国規模の教育研究集会を開催している。

出典;「教育科学研究会」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』2018年8月23日 (木) 05:5 UTC



 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る