(関連書籍紹介)いじめからいのちを守る: 逃げろ、生きるため 単行本 – 2018/2/8

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

いじめからいのちを守る: 逃げろ、生きるため

近藤 卓

単行本 – 2018/2/8

金子書房



内容


いじめられた子どもが最悪の事態に陥らないよう、大人たちにできる最善の策とは?

大切にすべきかかわりとは?

子どもの自尊感情のパターンなどから考える。

出典;金子書房ホームページ『いじめからいのちを守る: 逃げろ、生きるため』


目次


第1章 逃げる意味

1.逃げて隠れて生き延びる
2.いつ逃げるか
3.逃げてからのこと

第2章 逃げる方法

1.心を支える基本的自尊感情
2.確実に逃げる方法
3.一時的避難の方法

第3章 逃げて成長する

1.基本的自尊感情(BASE)を育む機会
2.PTG(心的外傷後成長)の可能性
3.Aさんの事例 ――いじめからPTGへ

第4章 いじめをなくす

1.いじめる側の心理 ――低い基本的自尊感情と歪んだ社会的自尊感情
2.基本的自尊感情(BASE)の大切さ
3.いじめを根絶するために

出典;金子書房ホームページ『いじめからいのちを守る: 逃げろ、生きるため』


著者プロフィール


近藤 卓

東京大学大学院教育学研究科博士課程満期退学。

学術博士。

東海大学教授、山陽学園大学学部長・教授を歴任。

専門は健康教育学、臨床心理学。

日本いのちの教育学会会長、日本学校メンタルヘルス学会理事、日本学校保健学会理事。

著書に『基本的自尊感情を育てるいのちの教育』(金子書房)他多数。

出典;「近藤 卓」『日本ウェルネススポーツ大学 教員紹介」



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る