(関連書籍紹介)いじめに対する援助要請のカウンセリング: 「助けて」が言える子ども、「助けて」に気づける援助者になるために (学校現場で役立つワーク&事例演習) 単行本 – 2017/9/22

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

いじめに対する援助要請のカウンセリング: 「助けて」が言える子ども、「助けて」に気づける援助者になるために (学校現場で役立つワーク&事例演習)

本田 真大

単行本 – 2017/9/22

金子書房



内容


なぜ「助けてほしい」と言えなかったのか。

なぜもっと早く気づけなかったのか。

深刻化するいじめの背景には、「相談すること」の難しさがあります。

「援助要請のカウンセリング」では、援助ニーズがあるのに「相談をしない」子どもが必要に応じて「相談できる」ようになるためのかかわりを提案します。

対象となる子どもの心理状態(なぜ相談しないのか)を5つのタイプに分けて考え、学校現場で実践すべき、いじめ問題へのアプローチについて解説します。

出典;金子書房ホームページ『いじめに対する援助要請のカウンセリング: 「助けて」が言える子ども、「助けて」に気づける援助者になるために (学校現場で役立つワーク&事例演習)』


目次


第1章 いじめと援助要請の心理学

第2章 援助要請のカウンセリング いじめ予防・未然防止編
●児童生徒のいじめ未然防止活動に>>>指導案&ワークシート

第3章 援助要請のカウンセリング いじめ事例介入・援助編
●教員・スクールカウンセラーの研修に>>>事例演習

第4章 「助けて」が言える子ども、「助けて」に気づける援助者になるために

巻末資料 いじめ被害者・加害者に対する援助の基本

出典;金子書房ホームページ『いじめに対する援助要請のカウンセリング: 「助けて」が言える子ども、「助けて」に気づける援助者になるために (学校現場で役立つワーク&事例演習)』


著者プロフィール


本田 真大

所  属  函館校, 学校臨床心理専攻

職  名  准教授

所属講座  学校教育

北海道教育大学 本田研究室

出典;「本田 真大」『北海道教育大学 研究者総覧』



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る