(いじめ問題ニュース)鳥栖いじめ事件の被害生徒の心の傷を母親が証言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

佐賀新聞Live『<鳥栖いじめ訴訟>元生徒の母親心の傷を証言』


記事によると


・2012年、鳥栖(とす)市の私立中学校でいじめがあり、被害を受けた男子生徒が重度の心的外傷後ストレス障害(PTSD)を患い、学校に通えなくなった

・市などに損害賠償を求めた裁判が行われ、9月14日、佐賀地裁で被害生徒の母親が、事件発覚後の息子の状態を証言した

・母親によると、被害生徒は、学校から離れても怯え、時間が経過しても心の傷は癒やされてはおらず家族で自殺を止めたこともあったという


この記事への『ふつざわしゅん』の感想


学校で虐められ、家でも思い出して苦しんでいる息子の姿を見て、きっと、胸が張り裂ける思いでしょう

裁判では、それを言葉にして証言しなければなりません

いじめは、行われている時だけでなく、何度も被害者とその家族を苦しめるものです

集団生活では、軽い気持ちで周りに同調して、いじめに加担してしまうことが多々あります

あとで後悔する結果になってしまわぬよう、日頃から意識しておくことが大切です

そして、いじめに苦しんでいる人が近くにいたら、周りの人と協力して助け出しましょう


参考


佐賀新聞Live『<鳥栖いじめ訴訟>元生徒の母親心の傷を証言』


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る