(日本のいじめ事件史)奈良県立奈良北高校いじめ自殺事件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


事件名:奈良県立奈良北高校いじめ自殺事件


事件発生日:2015年12月4日


発生地域:奈良県生駒市


事件概要:当時高校1年生の男子生徒が、いじめを苦に、英語のテスト中にトイレに行き、校舎4階から飛び降り自殺を図った事件

当日、学校は2月期末テストの2日目で、男子生徒は3限の英語のテスト中に「トイレに行く」と教室を出た後、4階の窓から転落した。

出典;週刊女性PRIME『英語のテスト中に飛び降りた少年の死、1年8か月経ってようやく“いじめ”と認定』


加害者達のいじめ行為


①被害生徒のテニスの実力バカにした

喫煙するように誘導し、喫煙中の動画を撮影した上、LINEで拡散学校に通報した

③クラス全員が加入していたグループLINEから被害生徒だけを排除した

④被害生徒を排除したグループLINE誹謗中傷した

⑤被害生徒が喫煙で処分された事を責め立てるように「たばこ博士」「次、退学ちゃうん」などとバカにした

⑥被害生徒のカンニング行為を疑い、退学処分を示唆して嘲笑した(複数人が同調するような言動を取った)

⑦被害生徒の机を勝手にあさり、カンニングの証拠を見つけたとして、担任教師に証拠品を提出した

入学直後の5月25日、クラスメートがG君に、テニスの実力について「お前へぼいやろ」と揶揄したこと(G君はクラスメートに暴行で仕返し。結果、特別指導を受ける)。

6月には、クラスメートにたきつけられG君が喫煙すると、クラスメートはその動画を撮影し、LINEで拡散し、学校に通報した(その結果、2度目の特別指導を受ける)。

6月中旬、クラスメートほぼ全員が加入していたLINEからG君だけが排除された。

6月19日には、G君を誹謗中傷するメッセージがLINEに流された。

授業中に喫煙の話題になると、一部の生徒が「たばこ博士」とからかい、「次、退学ちゃうん」と追いつめたり、G君のカンニングを疑い退学を示唆する「Gアウト」という声があがった。

G君を揶揄する発言は多数確認できたが、止める生徒はおらず、逆に同調し笑う生徒がいたという。

自死の直前、クラスメートがG君の机を勝手にあさり、机にあった消しゴムに漢字が書かれていることを発見。

カンニングと決めつけたクラスメートが“証拠”として担任に提出した(調査結果にはテストの解答には影響を与えないと記載。この時の国語のテストはG君がクラス最高点)。

出典;週刊女性PRIME『英語のテスト中に飛び降りた少年の死、1年8か月経ってようやく“いじめ”と認定』


加害者の処分


なし


教師等の処分


なし


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る