(日本のいじめ事件史)広島県立総合技術高校いじめ自殺事件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


事件名:広島県立総合技術高校いじめ自殺事件


事件発生日:2014年2月24日


発生地域:広島県三原市


事件概要:当時高校3年生の男子生徒が、部活動でのいじめを苦に、自宅で首を吊って自殺した事件

広島県三原市の県立総合技術高校1年の男子生徒(16)が24日に自宅で首をつって自殺しているのが見つかり、学校は26日に会見し、いじめにより自殺した可能性を視野に調査していることを明らかにした。

出典;産経デジタル『広島の高校生が自殺 センバツにも出場した野球部のいじめが原因か』


加害者達のいじめ行為


部室のロッカーの荷物を荒らし教科書を盗んだ

両親が理由をたずねたところ、「部室のロッカーの荷物が休んだ次の日に荒らされていたことがあった」「ロッカーに置いていたはずの教科書類がなくなっていた」などと説明。

出典;産経デジタル『広島の高校生が自殺 センバツにも出場した野球部のいじめが原因か』


加害者の処分


野球部が対外試合禁止処分になった

日本高野連は30日、大阪市内で定例の審議委員会を開き、男子部員の自殺の要因がいじめとされた広島県立総合技術高野球部の処分について、有期の対外試合禁止処分が相当として、9日の日本学生野球協会審査室に上申すると決めた。

出典;スポニチ『いじめで部員が自殺…広島県立総合技術高の処分を上申へ』


教師等の処分


なし


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る