(日本のいじめ事件史)一宮市立浅井中学校いじめ自殺事件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


事件名:一宮市立浅井中学校いじめ自殺事件


事件発生日:2017年2月6日


発生地域:愛知県一宮市(自殺現場:大阪市北区大深町グランフロント大阪)


事件概要:当時中学3年生の男子生徒が、担任教師によるいじめを苦に、グランフロント大阪の7階から飛び降り自殺を図った事件

愛知県に住む中学3年生の佐藤勇樹くん(仮名・14)がJR大阪駅近くにある商業施設「グランフロント大阪」の7階から飛び降り命を絶ったのは、2月6日午後11時35分ごろのことだった。

出典;週刊女性PRIME『愛知県・一宮発の中3男子自殺、LINEの記録で浮かび上がる教師によるいじめの実態』


加害者達のいじめ行為


理不尽に叱りつけた

使いパシリにした

骨が折れているにも関わらず、無視した

生前、勇樹くんが母親に「これを片づけてと担任に言われて片づけたら、なぜかめちゃくちゃ怒られた」、「係でもないのに、プリント配りを何度もさせられた」とこぼしていたことがあったという。

理不尽な担任のために、生徒が犠牲になる。

さらに勇樹くんが担任への不信感を募らせたのは、昨年9月に行われた体育祭での出来事だった。

母親がいきさつを語る。

「体育祭の組み体操で、上に乗っていた勇樹が、バランスを崩し前のめりに手をつく感じで落ちたんです。帰宅して、“父ちゃん、骨折れとる”って。見ると両手の親指がパンパンに腫れて、紫色に変色していたんです。勇樹に聞くと“痛いんやって言ったけどスルーされた”と話していました。そればかりか骨折した手で後片づけもしたそうです」

出典;週刊女性PRIME『愛知県・一宮発の中3男子自殺、LINEの記録で浮かび上がる教師によるいじめの実態』


加害者の処分


なし


民事裁判


被害生徒の両親が、に対して、損害賠償を求める訴訟を起こした

愛知県一宮市立中学校3年の男子生徒=当時(14)=が昨年2月に自殺したのは、担任教諭との関係が悪化していたのに、学校側が適切な対応をしなかったのが原因として、両親が生徒の命日に当たる6日、市に損害賠償を求める訴訟を名古屋地裁一宮支部に起こした。

出典;産経WEST『担任との関係悪化に対応せず 愛知の中3自殺、学校側を提訴』


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る