(日本のいじめ事件史)矢巾町立矢巾北中学校いじめ自殺事件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


事件名:矢巾町立矢巾北中学校いじめ自殺事件


事件発生日:2015年7月5日


発生地域:岩手県矢巾町


事件概要:当時中学2年生の男子生徒がいじめを苦に、自殺を図った事件

7月5日、列車にひかれて死亡した。

出典;BLOGOS『岩手・いじめ自殺 2年前に自殺した生徒と同じクラス内でいじめられていた女子生徒の今』


加害者達のいじめ行為


顔を殴り頭を机に押し付け脇腹を突いた

日常的にからかっていた

調査報告書によると、このころ、Aは、2年のクラスで同級生から、顔を殴られ、頭を机に押し付けられ、脇腹を突かれるなどの暴力、ちょっかい、からかいの対象となり、心理的、物理的な攻撃を受けていた。

出典;BLOGOS『岩手・いじめ自殺 2年前に自殺した生徒と同じクラス内でいじめられていた女子生徒の今』


加害者の処分


なし


教師等の処分


校長減給処分となった

副校長担任教師戒告処分となった

教委は、校長を減給10分の1、前校長、副校長、当時の担任を戒告の懲戒処分とした。

出典;BLOGOS『岩手・いじめ自殺 2年前に自殺した生徒と同じクラス内でいじめられていた女子生徒の今』


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る