(日本のいじめ事件史)福島県立会津高校いじめ自殺事件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


事件名:福島県立会津高校いじめ自殺事件


事件発生日:2015年9月19日


発生地域:福島県会津市


事件概要:当時高校2年生の女子生徒が、いじめを苦に、学校の女子トイレで首を吊って自殺を図った事件

女子生徒は18日に登校したが帰宅しなかったため、教員が校内を捜し、19日午前4時ごろ、女子トイレで首をつっている女子生徒を発見。

自分自身や友人への思いをつづったメモが見つかったが、いじめなどをほのめかす記述はなかった。

出典;産経ニュース『会津で女子高生自殺  両親「いじめでは」 部活でトラブルの指摘』


加害者達のいじめ行為


①部活動の先輩の立場から叱責した

無視をした

第三者委員会の調査報告書によると、女子生徒は2014年夏ごろから部活動の先輩1人に叱責されたり無視されたりするいじめに遭っていたと認定。

同年秋から学校を休みがちになり、昨年6月に休部したが、先輩が同年8月に部活動を引退してからは部活に参加していたという。

出典;毎日新聞『福島県教委 部活いじめと因果関係認定せず』


加害者の処分


なし


教師等の処分


教頭部活動顧問文書訓告処分となった

学年主任口頭訓告処分となった

生徒指導主任厳重注意処分となった

福島県会津地方の県立高校で平成27年9月、部活動のいじめが原因で2年生の女子生徒が自殺した問題で、は26日、当時の教頭を文書訓告とするなど、4人を処分した。

他に処分されたのは、部活動顧問(文書訓告)、学年主任(口頭訓告)、生徒指導主任(厳重注意)の3人。

いずれも対応が不適切だったとされたが「組織的に対応しなかったことが、より責任が重い」(大沼博文教育次長)として、懲戒より軽い処分にとどめた。

一方、元校長は「学校として十分ないじめ対策をとらず、監督責任も重大」(同)で、懲戒処分の「戒告」に該当すると判断したが、すでに退職しており、処分対象としなかった。

出典;産経ニュース『会津のいじめ自殺で元教頭ら4人処分 福島県教育庁「組織の責任、より重大」懲戒は見送り』


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る