(日本のいじめ事件史)新上五島町立奈良尾中学校いじめ自殺事件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


事件名:新上五島町立奈良尾中学校いじめ自殺事件


事件発生日:2014年1月8日


発生地域:長崎県新上五島町


事件概要:当時中学3年生の男子生徒がいじめを苦に、自殺を図った事件

松竹さんは14年1月8日、自宅近くで自ら命を絶った。

出典;毎日新聞『報告書を再公開 新上五島町がHPに』


加害者達のいじめ行為


①「ウザい」「死ね」などの暴言を吐いた

無視をした

16年1月の報告書は、松竹さんが、3年の時から複数の同級生に「うざい」「死ね」といった悪口や無視されるなどのいじめを受け続け、3年の夏休みにはいじめをテーマにした作文を書くなどして助けを求めたが、学校側がいじめを見逃し、対策を怠ったと批判した。

出典;毎日新聞『報告書を再公開 新上五島町がHPに』

 ③「でしゃばっている」と一方的に非難した

報告書によると、松竹さんは3年で学級委員を務め、授業中に積極的に挙手するなどしていたが、1学期から複数の同級生が「出しゃばっている」「死ね」といった悪口を繰り返した。

2学期になってひどくなり、松竹さんは無料通信アプリ「LINE(ライン)」で同級生に自殺を示唆して助けを求めたが、同級生の反応は鈍く追い詰められていった、とされる。

出典;毎日新聞『両親が提訴へ 県と町に賠償求め』

報告書は、松竹君のクラスには目立つ生徒が嫌われる雰囲気があり、学級委員を務めるなどリーダー的な存在だった松竹君がいじめの標的となって、繰り返し悪口を言われ続けたと認定した。

裕之さんは「息子が追い詰められていった過程を知り、新たな悲しみがこみ上げてくる」と訴えた。

出典;毎日新聞『学校の対応不備指摘…いじめ主因と報告書』


加害者の処分


なし


教師等の処分


なし


民事裁判

 


被害生徒の両親は、を相手に、6253万円の損害賠償を求める訴訟を起こした

長崎県新上五島町で2014年1月、いじめを受けていた町立奈良尾中3年の松竹景虎(かげとら)さん(当時15歳)が自殺した問題で、学校側がいじめを把握して具体的方策を講じる安全配慮義務を怠ったとして、松竹さんの両親が県と町を相手取って総額約6253万円の損害賠償を求める訴えを31日に長崎地裁に起こす。

26日、両親の代理人弁護士が明らかにした。

出典;毎日新聞『両親が提訴へ 県と町に賠償求め』

②訴訟は和解となり、謝罪した上で、和解金4000万円を支払った

長崎県新上五島町で2014年1月にいじめを受けて自殺した町立奈良尾中3年の松竹景虎(まつたけかげとら)さん(当時15歳)の両親が町と県に6253万円の損害賠償を求めて長崎地裁で係争中の訴訟が和解する見通しとなった。

町議会が8日の臨時議会で両親との和解に関する町提出の議案を可決した。

いじめが原因で自殺したことや教職員がいじめ防止措置を怠ったことなどを町側が認めた上で謝罪し、和解金4000万円を支払う内容で、両親も和解に応じる方針。

出典;毎日新聞『町謝罪、4000万円支払い和解へ』

被害生徒の両親は、訴訟で和解した後、加害生徒への損害賠償請求権を放棄した

今年1月8日で松竹さんが命を絶ってから丸4年となり、同級生たちは来年成人式を迎える。

両親は訴訟で和解した際に「いじめた生徒にいつまでも重荷を背負わせたくない。互いに忘れるためにも直接話が聞きたい」として、いじめた生徒への損害賠償請求権を放棄した。

話し合いを模索したが、生徒側からは「報告書の内容が確認できない」などと拒まれているという。

出典;毎日新聞『報告書を再公開 新上五島町がHPに』


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る