(日本のいじめ事件史)名古屋市立明豊中学校いじめ自殺事件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


事件名:名古屋市立明豊中学校いじめ自殺事件


事件発生日:2013年7月10日


発生地域:愛知県名古屋市


事件概要:当時中学2年生の男子生徒がいじめを苦に、遺書を残して、11階建てのマンションから飛び降り、自殺を図った事件

この「事件」は、2013年7月10日の昼、クラスの一部の男子と女子が一人の男子生徒に対し繰り返し「死ね」と言った。

言われた生徒は担任に「自殺してやる」と訴えたところ、担任は「やれるもんならやってみろ」と突き放した、とされている。

この日の学校は教育面談があるため、授業は昼までで終了。

生徒は午後0時半から1時の間に帰宅し、午後3時半頃に、11階建てのマンションから飛び降りたとみられている。

飛び降りる直前に書かれたものと思われる文章があり、イジメや自殺をほのめかす内容が書かれていた、などと報じられた。

出典;JCASTニュース『自殺した生徒に「死ねるものなら死んで見ろ」 中学担任女性教諭はそういったのか』


加害者達のいじめ行為


①「死ね」と暴言を吐いた

②「自殺してやる」と言った被害生徒に対し、「死ねるわけがない」「そんなのやれる勇気ないのにやってみろ」と言い放った

生徒たちの証言の内容はほぼ同じで、教室で「一部の男子と女子が『死ね!死ね!』と言っていた」「たまたま死ね、って言った」。

そして「じゃあ死ぬねと言った」、というものや、「先生に自殺してやる、と言った」というものだ。

それに対して教諭は「死ねるわけがない」「そんなのやれる勇気ないのにやってみろ」と返した、とテレビの取材で証言していた。

出典;JCASTニュース『自殺した生徒に「死ねるものなら死んで見ろ」 中学担任女性教諭はそういったのか』


加害者達の処分


なし


教師等の処分


なし


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

    • 名無し
    • 2021年 2月 02日

    この事件も同じですね。自殺をやれるもんなら、やってみろと言った教師。
    その言葉は「自分の子がいたら、自分の子供専用語にしてください。その教師さん。他人の子供に言う言葉ではありません。獣族!」
    こういう獣族にはいくら言っても、人類の道徳も言葉も通じることは100%無いですけどね。

    最近、世の中の出来事を見ていて、たくさん勉強して、やっと気が付いた事ですけど、人類と一言に言っても、さまざまな種類の人間が
    いることが分かりました。DNAも含めてです。・・・・恐竜トカゲ族。俗に言う獣人間の事です。
    古代恐竜は絶滅したと言われていますが、それは科学で調べたところ、嘘でした。恐竜時代、人類も既に共存していました。
    一部の恐竜は死にましたが、多くの恐竜は人類と共に生き延びています。今もトカゲやワニがそのままいますし、亀も蛇も恐竜時代の生き物です。恐竜は鳥類です。イルミナティーのシンボルのフクロウも、元は恐竜です。羽がある生き物は全部、恐竜の子孫です。
    人間界にも人との混血獣として「入って来て、人類を奴隷統治して今日に至っています。金で支配される世の中は、獣族が作ったものです。
    神様の子孫である人類が築く世の中に、お金は必要ありません。人類統治の世になれは、全ての文明が変わり、人間の病気も無くなり、寿命は半永久的に伸びます。全てが変わります。いじめ自体が永久に消滅します。我々は目覚めて戦って、人類主導の世を作らねばなりません。
    それが本当にいじめ殺人を無くす道です。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る