(日本のいじめ事件史)富士見町立富士見中学校いじめ自殺事件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


事件名:富士見町立富士見中学校いじめ自殺事件


事件発生日:2013年5月17日


発生地域:長野県富士見町立


事件概要:当時中学3年生の男子生徒が、いじめを苦に自宅で自殺を図った事件

男子生徒は5月17日、自宅で自殺しているのが見つかった。

遺書に「嫌いな生徒」として個人名が書かれていた。

遺族は「家族が知らなかった事実を知ることができて感謝している。複数の生徒による暴行があった事実を重く受け止め、弁護士とも相談して今後の対応を決めたい」とのコメントを出した。

出典;日本経済新聞『中3男子自殺でいじめ認定 長野・富士見町の調査委』


加害者達のいじめ行為


 数日間に渡り、学校のベランダに呼び出し複数人で計10回程、頬を叩いた

報告書は、男子生徒が5月の大型連休明けの数日間、学校のベランダで友人グループに計10回程度ほおをたたかれたとして、いじめに当たると認定。

一方で、自殺の主な引き金となったのは、同じ中学の生徒との間で4月に起きた「個人的な出来事」だった可能性が高いとした。

5月9日実施のテストで成績が下降したことも一因とみられるとし、いじめの前に自殺を決意した可能性も少なくないとしている。

出典;日本経済新聞『中3男子自殺でいじめ認定 長野・富士見町の調査委』


加害者の処分


なし


教師等の処分


なし


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る