(日本のいじめ事件史)湯河原町立湯河原中学校いじめ自殺事件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


事件名:湯河原町立湯河原中学校いじめ自殺事件


事件発生日:2013年4月10日


発生地域:神奈川県湯河原町


事件概要:当時中学2年生の男子生徒がいじめを苦に、自宅自室で首をつって自殺を図った事件

町教委によると10日午後、自宅の自室で生徒が首をつっているのを母親が見つけ119番。

病院に運んだが、間もなく死亡が確認された。

同日午前中まで授業に出席していたが、変わった様子はなかったという。

出典;日本経済新聞『中2男子が自殺、同級生がいじめ示唆 神奈川・湯河原』


加害者達のいじめ行為


部活動の際、尻を叩いたり靴紐を解いて練習の邪魔をした

柔道の授業の際、10回連続投げ倒した

③「死ね」と暴言を吐いた

報告書によると、いじめは2012年4月の入学直後に始まった。

所属していた運動系の部活動で、尻をたたかれたり、シューズのひもをほどいて練習の邪魔をされたりするなど、当初は「ちょっかいが日常的に行われていた」という。

だが、行為は次第にエスカレート。

同年10月以降は暴力が目立つようになり、10回以上連続して柔道技で投げ倒されたことも。

その後も暴力は繰り返され、「もう、痛いからやめて」という男子生徒の悲痛な訴えは届かなかった。

翌年1月ごろからは「死ね」という無慈悲な言葉を浴びせられ、ますます追い込まれていったー。

調査委はこう分析している。

出典;カナコロ『「誰もわかってくれない」”学校の現実”克明に 湯河原いじめ調査報告』


加害者の処分


加害生徒3人訓告処分になった

加害生徒3人児童相談所に送致された

5月 校長が、男子生徒をたたくなどしていた同級生3人に訓告

6月10日 県警が、男子生徒への暴行の非行内容で同級生3人(いずれも男子)を児童相談所に身柄とともに送致

出典;カナコロ『「誰もわかってくれない」”学校の現実”克明に 湯河原いじめ調査報告』


教師等の処分


なし


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る