(いじめ問題ニュース)熊本県が『いじめ匿名通報アプリ』を導入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

西日本新聞『いじめアプリ通報33件 県教委「早期対応に成果」 [熊本県]』


記事によると


熊本県教育委員会は、本年度から、全ての県立中高約3万1千人を対象いじめ匿名通報アプリ』を導入した

県内の高校生のスマートフォン所有率9割を超えるが、アプリでテスト送信をした生徒数1万2千人にとどまっている

 →1万9千人の中高生がテスト送信をしていない

いじめの通報33件の内、20件学校側が初めて知る内容だった

いじめ行為が止まったもの18件対応中経過観察中15件だった


この記事への『いじめ撲滅.COMスタッフ』の感想


いじめの目撃者は、「自分も標的にされる」「事を荒立てる」など色んなことを考えて、躊躇うことが多いと思う

事件が起こってしまった後のアンケート調査で「こんなことがありました」と、やっと匿名で声を上げる

アプリでいじめを通報する機会を与えることは、今の時代にも沿っていて、とてもいいと思う

いじめ以外の内訳は、「その他」が最も多い549件で、部活動や学校などへの不満51件、悩み相談6件だった。

いじめの事実が確認できなかった通報は「その他」に分類したという。

出典;西日本新聞『いじめアプリ通報33件 県教委「早期対応に成果」 [熊本県]』

いじめの事実が確認が出来なかった通報、というのは証拠の有無で判断されるのだろうか

SNS上での陰口などはスクショなどで画像が手に入るが、学校内でのいじめの「証拠」は画像としては手に入りにくい

「いつ、どこで、だれに、何をされたか・・・」

それを日記などに記録しておくことはとても苦痛なことになる

だからこそ、周りに居る生徒達の協力が欠かせない

通報アプリが、当たり前のように活用されるようになれば、いじめは確実に減っていくと思う


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る