(いじめ問題ニュース)文部科学省が今更になってネットいじめ対策事例集を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

産経新聞『深刻化する「ネットいじめ」学校現場でどう向き合う? 文科省が事例集作成』


記事によると


・文部科学省は、インターネット上のいじめ対策を充実させた対策事例集を作成した

・文部科学省は、SNSで仲間外れにする行為も、いじめの可能性を考慮すべきケースとして示した

・有識者らで構成する「いじめ防止対策協議会」は、学校の対応力向上を要請すると共に、生徒への情報モラル教育の推進を求めた


この記事への『ふつざわしゅん』の感想


遅すぎる、、、、、今更、事例集ですか?

まず、大前提として、学校が口頭で指導しただけでは、いじめは終わりません

それどころか、巧妙になっていきます

そのようないじめに対処するためには、いじめ被害を受けていることを示す証拠が必要です

その上で、学校がいじめの加害者を処罰する意思を明確に示し、生徒たちに加害リスクを認識させなければ、抑止力には成りえません

事例集を作成することに反対はしませんが、いじめに対する姿勢を改めない限り、いじめはこれからも続くでしょう


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る