(いじめ問題ニュース)第三者委員会の設置を隠していた川口市教育委員会の思惑とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

いじめ第三者委「秘密会」に 被害者に非通知


記事によると


埼玉県川口市立中学校で起きた『いじめ事件』で市教育委員会が第三者委員会を設置しながら、文科省のガイドラインを無視して、約1年間被害生徒側に設置を隠していた

・市教育委員会は、「大事にしたくないという生徒側の意向を踏まえた」と説明したが、生徒側は否定している


この記事への『ふつざわしゅん』の感想


これは酷い

教育長が「個人情報を含む内容のため、秘密会で行いたい」と発言しているそうですが、公開する際には、黒塗りにしておけば良いだけです

そもそも、いじめ事件の性質上、個人情報を含むのは当然のことですよ

文科省のガイドラインを無視してまで、秘密にしておきたかったことって、一体何だったのでしょうか

教育長の周囲の人物が、今回の『いじめ事件』に関与しているのではないか、という疑いを掛けられても仕方がありませんね


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る