(日本のいじめ事件史)甲南大学いじめ自殺事件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


事件名:甲南大学いじめ自殺事件


事件発生日:2018年10月


発生地域:兵庫県神戸市東灘区


事件概要:当時大学二年生の男子学生がいじめを苦に、自殺を図った事件。


加害者達のいじめ行為


①「学園祭の売上金を横領した」との嘘の情報をSNSで広める

 代理人弁護士や大学によると、学生は17年11月の学園祭で、所属する文化系クラブの模擬店で会計などを担当。翌年、当時の部長らにより、売上金の一部を横領したとの情報をSNSで広められ、強制退部となったという。

 学生が大学に相談したところ、部長は横領の事実はなかったことを認め、学生に謝罪文を出したが、学生が求めた謝罪文の掲示などは実現しなかった。学生はキャンパス・ハラスメントを防止する大学の委員会に救済を求めたが、ハラスメントとは認められなかった。

 学生は「(原因は)名誉毀損(きそん)による精神的ダメージ。甲南大の対応も遅く、私は限界となった」などとする遺書を残し自殺した。

出典;朝日新聞DIGITAL『噓の情報広められ、甲南大生自殺 遺族が大学に検証要求』


加害者の処分


 


教師等の処分


 


民事裁判


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る