(日本のいじめ事件史)大阪市立北中島小学校いじめ自殺事件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


事件名:大阪市立北中島小学校いじめ自殺事件


事件発生日:2019年9月24日


発生地域:大阪市淀川区


事件概要:当時小学5年生の女子児童がいじめを苦に、マンションから飛び降り、自殺を図った事件。

大阪市立小学校5年の女子児童(11)が2019年9月に自殺し「学校で死ねって言われた。自分死んだって誰も悲しまない」などといじめ被害をうかがわせるメモを残していたことが12日、分かった。両親は同日、市内で記者会見し「学校はきちんと向き合って調査してほしい」と真相究明を求めた。

両親によると、女児は19年9月24日に学校を欠席。同日午後、自宅マンションの高層階から飛び降りて亡くなった。

出典:日本経済新聞『小5女児が自殺、いじめか 「学校で死ねと言われた」』


加害者達のいじめ行為


①「死ね」などと暴言を吐いた

 女子児童の上着ポケットから見つかった手紙には「つらいせいかつ学校が。もうつかれた 本当に本当にごめんなさい さようなら」などと綴られていた。

 さらに、手紙はのり付けされていて、2枚目にも「学校で死ねって言われた」と、苦しんだ思いが隠されていた。

出典:日テレNEWS24『「学校で死ねって言われた」手紙残し小5女児自殺 両親が学校に詳しい調査要請・大阪』


加害者の処分


 


教師等の処分


 


民事裁判


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る