旭川女子中学生いじめ事案

四日市市立高花平小学校いじめ事案 時系列(訂正版)


2020年(令和2年)9月~12月(2学期)

※被害児童が2年生の時


被害児童が、学校に、いじめの被害を申告し、学校がいじめを認知。

その後、当事者同士の話し合いによって解決する。


2021年(令和3年)4月


原由香里が高花平小学校の校長に就任。


2021年(令和3年)11月2日~

※被害児童が3年生の時


被害児童が、学校に「児童5名から、ぶりっこ、アホ、バカ、と言われる」と申告。

これを受け、学校が児童5名に聞き取りをおこなったところ、児童等は「ぶりっこと言った事がある」「1学期に聞いたことがある」と回答。

後日、学校が、被害児童に、被害内容について改めて確認すると、被害児童は「ゴミ、クズ、ぶりっ子、アホ、バカ、お前の家族はクズや、という言葉は、直接言われたのではなく、近くで聞こえるように言われた」と証言。

そのまた後日、被害児童の保護者が、学校に「A(被害児童)のことをどう思う?と他の児童に問う児童がいる」「アホ、バカ、うざい、きらい、といったことを紙に書いている児童がいる」「お前の顔を見るとムカムカするんやわ、と言う児童がいる」と申告。

その後も立て続けに「子供が、毎日のように、自殺しろ、と言われている、と訴えている」「なんで死なないの、なんで生きとんの、明日自殺してよ、と言われた、と訴えている」「給食に消しゴムのカス、ゴミ、髪の毛を入れられ、食べろと言われた、と訴えている」「虫が入っている給食を食べろと言われた、と訴えている」「担任に異物が入っていることを報告したものの、除いて食べるように言われた、と訴えている」と被害内容を追加申告。

学校は、いじめ対策委員会の会議で

①事実解明を第一とする

②スクールソーシャルワーカーと被害者、保護者を繋ぐ

③放課後登校も可能であることを伝える

④保健室で養護教諭との個別対応ができる体制を作る

⑤休み時間に複数体制で見守る

⑥道徳の授業を中心に、いじめのない学級を目指した指導をおこなう

⑦担任が毎日、電話連絡か家庭訪問をおこなう

ことを確認。

その後、学校が、関係児童や他の児童数名に聞き取りをした結果

①加害児童等が「A(被害児童)ってぶりっ子やろ」「むかつくやろ」と他の児童に問い掛ける発言をしたこと

②加害児童等が、被害児童に対し「むかつく」「ぶりっ子」「ゴミ」と発言したこと

③加害児童らが、被害児童に対し、強い口調で話をしたこと

④児童1名が「自殺しろ」と数回言ったこと

が判明。

しかし、給食にゴミを入れる行為や、鉛筆で刺す行為、については、どの児童も否認

学校は、事実と認められた部分(暴言)について、加害児童等の保護者に報告した上で「重大ないじめである」と伝える。

尚、担任は「被害児童から、給食に異物を入れられた、との訴えはなかった」と回答し、教室内にいた他の職員等も「そのようなことはなかった」と回答した


2021年(令和3年)12月10日


学校が、臨時保護者会で、保護者達に「被害者が訴えてきた内容」と「聞き取り調査で判明した事実」について、説明する。


2022年(令和4年)1月~


第三者委員会が設置される

その後、学校が、いじめをなくすための道徳の授業をおこなう

尚、授業内容は、放課後に、被害児童の保護者、担任、教員数名、教育委員会職員と共に、何時間もかけて検討し、被害児童の保護者の参観も認めた


2022年(令和4年)3月11日


3年生の担任が、学級懇談会の中で、保護者達に「本件いじめ事案の概要」を説明する。


2022年(令和4年)4月

※被害児童が4年生になる


学校が、複数の教員で見守る体制を整え、被害児童が、登校を再開

ほどなくして、被害児童の保護者が、学校に、「子供が、Bに足をひっかけられた、と訴えている」「Cが、子供を鉛筆で刺す計画があると証言している」「DとEが、Bに指示されて、いじめをしたと証言している」と申告。

学校が児童等に聞き取りをおこなったところ、DとEは「Bに、一緒に悪口を言おう、一緒にいじめをしよう、と誘われ、いじめ行為をしてしまった」と回答

他方、Bは、足を引っかける行為と、いじめを指示する行為を否認した

その後、被害児童とDEは、学校を長期欠席する


2022年(令和4年)6月3日


学級懇談会で、被害児童の保護者が、本件いじめ事案の話を持ち出し

①子供に対するいじめが継続していること

②児童等の中で被害児童を刺す計画が持ち上がっていること

③ある児童が子供の足を引っかけたこと

を報告。


2023年(令和5年)1月


被害児童の保護者が、加藤秀視に動画制作を依頼する。


2023年(令和5年)2月


第三者委員会の調査結果が出る。

尚、第三者委員会は、Bの関与についても調べたが、「Bが被害児童の足を引っかけたり、他の児童等にいじめを指示した事実はない」と結論付けた


関連記事

  1. 謂れのない誹謗中傷を受けている原由香里校長と高花平小学校の職員達の本当の姿 「ボロボロになるまで被害…

  2. 四日市市立高花平小学校のいじめ事案について
    いじめ撲滅.COMの見解と提言

  3. 四日市市立高花平小学校いじめ事案 時系列

  4. ある日、突然

コメント

    • 匿名
    • 2023年 3月 19日 12:06am

    短期間でここまで時系列整理できるのは流石
    瞑想水素水専門家は見習ってほしい

    • 匿名
    • 2023年 3月 19日 6:45am

    ありがとうございます。すばらしい

    • 匿名
    • 2023年 3月 21日 1:56am

    少なくとも暴言を吐くようないじめが数年あったわけですよね。解決するのが難しい問題なのは分かりますが、学校側ももう少しスマートに対応することはできないものでしょうか。。

    • 匿名
    • 2023年 3月 21日 1:39pm

    @匿名
    そうさせなかったのは誰でしょう。

    • 匿名
    • 2023年 3月 22日 12:04am

    Bを冤罪にさせようとしてるのか

    • 匿名
    • 2023年 5月 21日 1:23pm

    今時の子供が談合するなんて当たり前なのに何まとめられた気分に浸っとるんこの人。
    こっわ。

    • 月光
    • 2023年 5月 25日 5:40am

    四日市は闇の町です。
    福祉法人は腐ってますし、市議会、市長もです。
    役所内の人間は、皆んな自分の事しか考えてない
    菰野町長、町会議員は反社と仲良しです。

    • 匿名
    • 2023年 7月 17日 2:44am

    第三者委員会って何のためにあるの?仕事してないから必要ないよね

  1. この記事へのトラックバックはありません。

年間ランキング

PAGE TOP