旭川女子中学生いじめ事案

『いじめ解決人』 10 Run-up


社長Aによる最終面接を経て、私は、渋谷区にあったIT企業Xに就職しました。

配属先は、経営企画部で、求人登録票の業務内容欄には、「マーケティング」「営業戦略」「商品企画」「新規事業開発」「有力発行者開発」「ブランディング戦略」「会社の新しい道を拓く。適正により幅広い業務をお任せします」「事業の立ち上げ・マネタイズ、コンテンツ拡充戦略、イメージ戦略等、幅広くご担当いただきます。」と記載されていました。

最終面接の際も、社長Aから「総合的に何でもやって欲しい」との要望があり、内定通知書を受領した際にも、上司となる経営企画部長Bから「求人登録票記載の通り、幅広い業務を担当してもらう」「まずは、IT系の専門用語に慣れて欲しい」「有料のメルマガを自腹でとって、読んでみて欲しい」「当面は、自分が今やっている有料サロンの仕事を手伝って欲しい」との指示を受けました。

そして、平成27年2月10日、私は勤務を開始しました。


同日以降の業務内容は、事前の説明通り、多岐にわたり、横断的で幅広いものでした。

具体的には、以下の通りです。

2月10日 「営業」「発行者開発」「媒体営業」の会議に参加。

2月12日 ニュースメディアとの打ち合わせに同席。

2月13日 マスメディアとの打ち合わせに同席

2月18日 「メルマガ発行候補者」との打ち合わせに同席。

2月20日 経営企画部長Bから有料サロン事業に関する調査を指示されていた為、「イベント会社」を一人で訪問。「広報会議」に参加した後、経営企画部長Bに「イベント会社」とのやり取りについて報告。その後、企画を丸投げするような物言いをされたので、認識の相違を解消する為、話し合い。

2月23日 有料サロン事業に関する調査の為、「イベント会社」との打ち合わせに同席。

2月24日 有料サロン事業に関する調査の為、「イベント会社」との打ち合わせに同席。

2月25日 有料サロン事業に関する調査の為、「イベント会社」との打ち合わせに同席。

3月4日 経営企画部長Bの許可を得て、親しくなった営業部員Dと共に客先を訪問

3月8日 制作部から「ページデザインを考えて欲しい」との依頼を受け、この業務に従事。


尚、この間に、私は、他の従業員達と会食や談話をするなどして、親睦を深めました。

具体的には、以下の通りです。

1 入社初日から、総務部に所属していた契約社員の年下男性1名と頻繁に会食をするようになりました。その後、制作部に所属していた契約社員の年上女性1名も加わり、共に会食をしました。二人からは、雑談話の他、従業員の性格に関する話、従業員同士の関係性に関する話、役員間の争いに関する話経営企画部長Bの過去の言動や性格に関する話パワハラに関する話会社が被告となった労働裁判の話、会社の財政状況に関する話、組織編制に関する話などをして頂きました。

2 2月16日、就業後、システム部長Cに誘われ、営業部員D、制作部長と共に会食。雑談話の他、前職や家庭に関する様々な質問をされました。翌日、出社した際には、前日のお礼を交わし、談笑しました。

3 夕方の休憩中に水分補給をしている際、女性社員1名と男性社員2名と談話。経営企画部長Bの過去の言動や性格に関する話、制作業務に関する話、営業に関する話、などをして頂きました。

昼休憩中、後に営業部長となる人物と複数回談話。営業に関する話、従業員同士の関係性に関する話、役員間の争いに関する話経営企画部長Bの過去の言動や性格に関する話、組織編制に関する話などをして頂きました。

4 3月3日の就業後、営業部員Dに誘われ、契約社員の年上男性と共に会食。会社で起きたトラブルに関する話、従業員同士の関係性に関する話、役員間の争いに関する話システム部長から社長に就任した社長Cや経営企画部長Bの過去の言動や性格に関する話、営業の売り上げ金額に関する話、などをして頂きました。また、契約社員の年上男性から「この会社は言うことがコロコロ変わるから、何かする時は、しっかりエビデンスを残した方が良い」とのアドバイスを頂きました。



入社から1か月後の3月10日、私は、社長Cに誘われ経営コンサルタントと共に会食をしました。

その際、社長Cから、会社についての見解を求められ、良い点についてのみ回答すると「もっと尖った意見が聞きたい」「福島の原発に行っていたのに柔らかすぎる」「もっと暴れて良い」と告げられました。

そして、その会食後、私は、社長Cに会議室に呼ばれ、「課題発見能力を発揮して、同僚Eと共に、俺の右腕左腕として働いて欲しい」と言われ、社長付の特命チームに参加するよう指示されました。

私が「特命チームにおける私の上司は、同僚Eさんでしょうか?」と質問すると、社長Cは「同僚Eが上司というわけではない」と回答し、私が承諾したことに、嬉しそうな表情を浮かべていました。


〇登場人物

私・・・経営企画部員。社長交代後、特命チームに配属される。

社長A・・・最終面接をして、私を採用した人物。私が入社し、1ヶ月経たずして、社長を退いた。

経営企画部長B・・・一次面接をした人物。私に、有料オンラインサロン事業の調査計画を指示する。

システム部長C(社長C)・・・社長Aの後に社長になる人物。「課題発見能力を発揮して、同僚Eと共に自分の右腕左腕として働いて欲しい」と言って、私を特命チームに配属させる。

営業部員D・・・営業に同行させてくれた人物。

経営コンサルタント・・・元有名ベンチャー企業の経営企画部長の経歴を持つフリーの経営コンサルタント。私に、経営理論やおすすめの本(戦略サファリ・V字回復の経営)を教えてくれた。

同僚E・・・私より数カ月前に入社した経営企画部員。社長交代後、特命チームのメンバーとなる。


関連記事

  1. 『いじめ解決人』 1 routine

  2. 『いじめ解決人』 7 Pay back③

  3. 『いじめ解決人』 3 Third time lucky

  4. 『いじめ解決人』 4 weakness

  5. 『いじめ解決人』 2 moratorium

  6. 『いじめ解決人』 9 Pay back⑤

  7. 『いじめ解決人』 8 Pay back④

  8. 『いじめ解決人』 5 Pay back①

  9. 『いじめ解決人』 6 Pay back②

コメント

    • コモンマロウ
    • 2023年 6月 23日 7:20pm

    LINEを教えてください。
    どうやって送ればいいのですか?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

年間ランキング

PAGE TOP