旭川女子中学生いじめ事案

他人の子供を粗末に扱う保護者に「我が子への配慮」を求める資格はない


あなたが我が子を大切に思っているように相手の保護者も我が子を大切に思っています

なぜ「自分達には特別な権利がある」と思っているのでしょうか?

あなた達は「一定の配慮を受けるべき存在」ではあります。

しかし、民法上の不法行為に値するいじめを受けたか否かがハッキリしていないのですから、「被害者」ではありません

「相手の人権に制限を掛けること」を求めることができる立場ではないんです。

あなたの子供が加害をした可能性があると言われ、不当な取り調べや誹謗中傷を受けたらあなたは抗議しませんか?

証拠もなく、加害者であると決めつけられたら怒りませんか?

直ちには「民法上の不法行為に値するいじめ」と評価できない言動で、冷遇されたら、どういう気持ちになりますか?

他人の子供を粗末に扱う人「我が子への配慮」を求める資格はありません。


関連記事

  1. 加害児童生徒や教師の落ち度を追及する親の言動が、子供たちを更に苦しめている

  2. 母親たちは悪くない

  3. 親が自分の「生き辛さ」に気付かなければ、子供は苦しみ続ける

  4. 先生たちを動かす方法

  5. いじめをしてはいけない理由

  6. いじめられる原因も、被害感情を整理できない原因も、親が作り出している

  7. いじめを解決する方法

  8. 子供は、親の期待に応えようとして「心の病」を患う

  9. 自分の目で直接見たわけではないのに、我が子のいじめ被害を確信してしまう「知性と理性を持たない保護者達…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

年間ランキング

PAGE TOP