旭川女子中学生いじめ事案

自分の目で直接見たわけではないのに、我が子のいじめ被害を確信してしまう「知性と理性を持たない保護者達」



知性と理性を持った(大多数の)保護者達は、我が子がいじめの被害を訴えた時に、まず、我が子の被害感情が妥当なものであるか否かについて丁寧に分析をする。

話を丁寧に聴き取り時系列を整理する作業から始めるだろう。

そして、被害の証拠となり得るもの共に探す努力をする筈だ。

無論、その努力が、子供の年齢や気力など様々な事情によって報われないことは多々ある。

しかし、そうであるからといって、その過程をすっ飛ばして、いきなり学校に電話をかけ「我が子がいじめられている可能性があるから調査せよ」などとは絶対に言わない。

自分にできることをやった上で、お願いをする(対応を求める)のが当然のマナーである」と考えるからだ。



教師達と面会することが決まった際には、過大な要求をしないように「いじめ防止対策推進法」の条文に目を通す

そして、時系列や要望を整理した数枚の書面を持参し、簡潔に説明すること心がけるだろう。

「教師は忙しい」という社会の共通認識があるからだ。

何度も連絡をしなくて済むように、事前に対応スケジュールを確認することも欠かせない。

予定に遅れが生じ、気になって電話をかけた際には「お忙しいところ、催促をするようなお電話をしてしまいすみません。」と陳謝して、相手を労る態度を示す



そのように学校との関係を悪化させないように配慮しても尚、我が子が訴える被害の事実が確認できなかった場合は、我が子に別の選択肢を与える

いじめはあったかも知れない。でも、もしかしたら、我が子の認知に問題があったのかも知れない。

そう思いながらも、我が子には、いじめ被害を受けた前提で話をして、気持ちに寄り添う

そして、「学校だけが全てではない」と言って、根気よく説得を続けるのだ。

学校には、時間を割いて調べてくれたことに対する感謝を忘れない。

「そんな筈がない。調査が甘いんじゃないですか?すぐに調べ直して下さい。うちの子が嘘ついてるって言うんですか?」などと捲し立てたりしない

それをすれば、モンスターペアレントになってしまうということを知っているからだ。

これが、知性と理性を持った保護者達の姿である。



では、知性と理性を持たない保護者達とは、どのような人達であるか。

それは、知性と理性を持った大多数の保護者達と正反対の態度を取る人達だ。

我が子の被害の訴えに怒り狂い、被害感情が妥当なものであるか否かについて何らの分析もせず、証拠を確保する努力を怠り、「いじめがあった」と断定して、学校にクレームを入れる

1日に何度も催促の電話をかけ、時間を割くのが当然と言わんばかりの態度で、連日学校に押し掛ける

短い条文に目を通すこともせず「こんな理不尽なことが罷り通るのはおかしい」「責任は発見する努力を怠った学校にある」と言って、教師達の説明に聞く耳を持たない

根拠もなく、他人の子供を加害者扱いした上に、「二次被害だ」と言ってヒステリーに捲し立てる

「怒りと憎しみの製造機」と化してマスコミに「記事を書いて欲しい」と依頼し、X(旧Twitter)に事案に関する一方的な主張と「学校と加害者を処罰せよ」「監視せよ」「隔離せよ」などといった極端な思想を書き連ねる

勉強をして考えをブラッシュアップしよう」という思いにも至らない

仕舞いには、かつての支援者を貶める虚偽の話を、DMで言いふらし負のネットワークを拡大させ自惚れる

子供と向き合うことを放棄し、感性まで失っていく

これが、知性と理性を持たない保護者達の姿だ。


関連記事

  1. X(旧Twitter)いじめ問題界隈について

  2. 先生たちを動かす方法

  3. 直接対決して「いじめ」を跳ね返す方法

  4. 母親たちは悪くない

  5. いじめをする理由といじめをしてはいけない理由

  6. いじめを解決する方法

  7. いじめをしてはいけない理由

  8. いじめられる原因も、被害感情を整理できない原因も、親が作り出している

  9. 親が自分の「生き辛さ」に気付かなければ、子供は苦しみ続ける

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

年間ランキング

PAGE TOP