いじめられたらするべきこと

マスキング処理がされていない報告書を公開した目的について


多数の新聞社から取材の依頼があり、都度説明をさせて頂いてますが、当方が「マスキング処理がされていない報告書を公開した目的」を正しく書いて頂けない為、本記事で明確にしておきます。


当方が「マスキング処理がされていない報告書を公開した目的」は、二つあります。

一つは、文春オンラインの虚偽報道や黒塗りだらけの報告書によって、謂れのない誹謗中傷(いじめ)を受け続けている方々(主に教師たち)の汚名を少しでも晴らすこと。

もう一つは、爽彩さんが、何に悲しみ、苦しんでいたのかを、社会に、正しく理解して貰うために、事実を明らかにすること。

この二つです。


覚悟を決めるまでは、何らかの法律に抵触する可能性があるかも知れない、そうなれば妻や娘に迷惑が掛かるかも知れない、という恐怖がありました。

しかし、最終的には、約7年間いじめ解決人を自称してきた者として、子供達に「いじめはするべきではない」と教えるべき立場にある一人の大人として「この状況を傍観する訳にはいかない」という気持ちが勝ちました。

「法を守って、人を見殺しにする」など本末転倒だと思ったからです。

「法があるから、いじめの被害者を救えない」というならば、私は、法を犯して人を救う道を選びます。

「この手段を取ることでしか救えない」と考えたのは、私の至らなさなのかも知れませんが、少なくとも、これまでの間、彼らは救われていませんし、私も、可能な限り、証拠等を出さずに、皆様に理解して貰えるように発信をし続けてきたつもりです。

つまり、「やれることはやったが、その結果が得られなかった」という残念な実績を積み上げて来た、という意味です。

ですから、「今の私には、こうすることでしか、いじめ被害者を救えない」という確信があって、やったことですので、後悔はありません。


文春オンラインや黒塗りだらけの報告書によって、数々の嫌がらせを受け続け

金子元校長は、ある方に「夫婦で心中しようと何度も考えた」と告げたそうです。

中山元教頭は、同じ方に、目に涙を浮かべながら「真実は一つです」と告げたそうです。

菅野先生は、心の健康を崩し、休職しています。

私も、2年前は、彼らの責任を問う為に、様々な手法で、様々な方々を問い質してきました。

しかし、「デート先生」が事実ではないことを知り、また、中山教頭が言ったとされる台詞に粉飾が加えられているという事実を知り、考えを改め、今日まで彼らを擁護する主張をし続けてきた訳ですが、それでも、やはり彼らを深く傷付けた責任は、私にも大いにある。そう感じます。

ですから、今回の公開にもう一つ目的があるとするならば、それは「彼らの心の傷に対する責任を果たすこと」です。

教師は、尊敬されるべき存在であり、求められることも多い職業ですが、私達と同じ人間です。

下らない話で笑う時もあれば、子供たちの成長に感動して泣くこともある、赤い血が流れている人間なんです。

相手が教師だからといって、嘘や捏造記事で信用を貶め、子供たちのトラブルの責任を押し付けてはいけません。

そんなことは、誰に対してもするべきではない。

その行為は、紛れもなく、いじめです。

いじめをしながら、一体何を訴えるのでしょうか?

私は、いじめが嫌いだから、反撃はしても、いじめは絶対にしません。

これまでに遺族側(遺族・文春オンライン・代理人弁護士・旭川市長)がやってきた行為は、遺族にやり場のない怒りや深い悲しみがあることを踏まえても、また、教師達に至らない点があったことを踏まえても、反撃として許されるレベルを遥かに超えています。


お伝えしたいことは以上です。

お読み下さり、ありがとうございました。

いじめ撲滅.COM


コメント

    • 匿名
    • 2024年 6月 25日 4:59am

    以前からとても気になる事件でした。文書を公開してくださりありがとうございました。

    • あるくむ
    • 2024年 6月 25日 6:11am

    世間の論調、それを形成したマスメディアの報じ方と実情がこれほどかけ離れていたことに、驚愕と強い反省を覚えます。昨日もマスメディアは詳細を伏せ、ヤフコメでは加害者晒しなどと全くの誤解憶測が飛び交ってます。とは言え昨日までの私の認識も大差ないものでした。恥ずかしいです。

    真実はなぜ伏せられ続けたのか。遺族と協議して黒塗りしたという報道がなされていますが、その協議とは如何なる根拠で、いかなるプロセスで行われたのか。被害者と遺族の抱えた問題をプライバシー配慮という名の下に伏せたことは本当に正しいのか。それによって曲げられた真実は独り歩きして別の誰かを傷つける。社会課題を解決するふりをして、私たちは別の誰かに皺を寄せただけではないか。あなたの行為は多くの根本的な疑問を浮き彫りにしました。

    自分も家族に精神障害者を抱えた当事者家族の立場から述べますが、全ての少年少女が障害や多様性を理解し対応できる日は来ないと思います。もちろん、そのための努力は尊いものですが、社会設計は理想や建前だけでは成立しない。そういう楽観論だけでいじめは無くならない。だからこそ本件は徹底した検証がなされるべきだと思いました。あなたが公開した行為の是非はともかく、行動を起こしたからには全ての経緯を公正な手段でつまびらかにしていただきたいと願います。メディアには、手記や告発レポートの形で切り取りしない全文を世に出す責任を果たしていただきたい。

    • 匿名
    • 2024年 6月 25日 7:58am

    あなたは正義の味方です
    これからも応援します

    • 匿名
    • 2024年 6月 25日 8:11am

    @匿名
    旭川中央警察署に告訴されても人生終わりませんよ。この程度では人生終わる様な刑罰下りませんから。
    それが今の法律です。

    • 匿名
    • 2024年 6月 25日 2:16pm

    苦しんでいた様子が辛いです
    どうしたら救えたのか…
    非常に考えさせられました。
    悪戯にいじめを行った加害者も
    そんな加害者をつくったであろう背景や環境が憎いです。

    公開していただいてありがとうございました。

    簡単に敵を見繕って誹謗中傷してやろうとする人達が
    存在してしまうので、誤解から苦しむ方が居なくなりますように。

    • 匿名
    • 2024年 6月 25日 6:03pm

    公開してくれたんで、黒塗り版を作った人たちが何を隠したかったのか浮き彫りになると思う
    後でゆっくり見させてもらいます、ありがとうございました

    • 匿名
    • 2024年 6月 25日 7:59pm

    公開された正義感と勇気に敬服しました。
    文春の記事のいい加減さに、あきれました。公開されなかったら、決して表に出てこなかった事実と感じます。
    いじめと自死との関係性について、考えさせられました。
    いじめを解決することで、自死を防ぐことができたか、疑問に感じるとともに、
    結局、自死を防ぐ有効な手段が見当たらない(現在も)と感じました。

    • 匿名
    • 2024年 6月 25日 11:35pm

    テレビのニュースで見たので探してきました。
    よくやった!感動した!!

    • 匿名
    • 2024年 6月 26日 1:41am

    ありがとうございます。

    • 匿名
    • 2024年 6月 26日 2:26am

    適当な記事を書いた週刊誌が諸悪の根源

    • 匿名
    • 2024年 6月 26日 2:52am

    これは大変勇気のいることだったでしょう。
    それでもいじめとそれに関わる人間に立ち向かう姿に感動しました。

    • パパング♂
    • 2024年 6月 26日 6:20am

    一通り読んでみました。
    鑑がないことと、81~90頁が見当たらないこと、両面印刷、フォントが古い、プリンタも古いので真贋不明でのコメントです。
    誤字、脱字がほとんどなく、あえて言うならYou Tuber、不要なスペース位です。これはかなり大変なことです。
    それから句読点の重複→です。」、「これ←や句読点に、。を使い,.を使わないことから文科省配下ではないことがうかがわれます。プロポーショナルフォントを使っていないことから法律関係の方の筆でしょうか。

    小括であるように、X中が対応を怠ったという指摘があり、さらに市教委の怠る事実が書かれています。
    従って校長以下先生方は気に病むことはありません。まして心中などとんでもない。
    本件生徒の病気がどのように作用したかは不明と結論づけられました。
    分からないものを気に病むことはありませんし、気に病んでもどうにもなりません。
    自殺かどうかもわからないって書いてあります。

    私の先輩も北海道の教員でした。職場で孤立して妻子を残しての自殺です。
    これ以上犠牲者がでるのは嫌です。

    そうそう、場違いかもしれませんが、両面印刷された紙をスキャンするときは黒い紙か下敷きを当てるといいですよ。

    • 匿名
    • 2024年 6月 26日 9:09am

    文書は公開されるべきと思います。
    公金を使用した第3者委員会ですから、調査結果は広く公開し、皆が見ることができるようにするのが当然と考えます。

    プライバシーの尊重も大切ですが、調査するということは、プライバシーも含めてすべてを白日の元にするということです。
    場合によっては、ご遺族の意向としない事実と所見が示されるということです。
    果たしてそれをご遺族が理解していたかどうか…?

    • 匿名
    • 2024年 6月 26日 12:23pm

    良い行いだ。

    • 匿名
    • 2024年 6月 26日 9:10pm

    @h
    事と次第によってはそちらのほうが問題ですね

    • 匿名
    • 2024年 6月 26日 10:32pm

    削除されたページはInternetArchiveやarchive.todayにミラーがあるよ

    • 匿名
    • 2024年 6月 27日 12:00am

    結局削除するのね・・・
    まぁ少しでも行動に動いた事は手放しに称賛したいが、「削除しなきゃ」と心変わりで削除される様な内容だったのだろうかと個人的には疑問が残る
    結局、情報が周知共有されない→対策がなされない・そもそも対策するだけ教育関係者には損しかない→いじめと呼ばれる犯罪行為が軽視される→子供の犯罪が見過ごされる。。。
    こんなんだと、いじめという名の隠れた犯罪は日本社会から無くなる事は一生ないだろうね

    • 匿名
    • 2024年 6月 27日 2:30am

    @匿名
    だいたいの犯罪にたいしての刑罰は死刑以外人生終わらせる目的で作られてないでしょ

    • 匿名
    • 2024年 6月 27日 3:52am

    公開された資料が本物である、ということを前提に話します。

    全て読みました。マスゴミのいい加減さ、真実を見ない世間のバカさと愚かさがよく表れましたね。よく公開したと思います。

    それでも、「こんな資料なんてどうでもいい」という輩もいます。第三者委員会が作成した資料ですので、「こんな」程度の資料ではありません。裁判でも使われます。そもそも、第三者委員会は世間が望んでできた組織です。何言ってんだかと呆れます。

    世間はバカが多いので、真実を全く見ずに、ひたすら学校を責めますが、一番問題なのは保護者。私も2児の父ですが、この資料を読み、あまりにも加害者、被害者の親が行動していないことに驚きました。一体、何をしていたのでしょうか。第一義的責任であるはずの保護者が動かず、なんだかんだ学校が一番動いています。勤務時間外にもかかわらず、生徒たちに寄り添っている先生方。本当に頭が下がる思いで拝見しました。それなのに、学校に文句ばかりいうバカ世間とマスゴミ。この行為は、まさに学校、教師いじめです。こ自分のこどもたちには、日本の教師にだけはならないことを願います。

    また、この資料には学校の対応の不備について言及がありました。そもそも、「そこじゃねえだろ」と思いました。現場の先生方は生徒のために動いてあることは分かりましたが、結果として「組織」「会議」などというどうでもいい観点が甘かったと指摘されています。まあ、いじめ防止対策推進法に則っての行動なのでしょうが、組織対応ごときで何とかなる問題でないのは明白です。この法律では生徒たちは救えないと思いました。はっきしいって、悪法です。

    以上のことから、マスゴミはじめ、世間、法律を作った政治家、そして保護者が一番猛省する必要があると感じました。

    資料を公開したのは勇気ある行動だったと思います。頑張ってください。

    • 匿名
    • 2024年 6月 27日 5:13am

    最終的に削除にはなってしまったけれど、
    黒塗りなしの報告書を読めて良かったよ。

    いじめに関しては日本全国の学校内部で揉み消され、
    握り潰されている事案が余りに多いし、
    こうやって第三者の誰かが動かないと
    真実が周知されないっていう体制自体がまずダメ。
    加害者を警察に突き出して自分がした罪の重さを解からせ、
    被害者を救う構造にしていかないと。

    今回の報告書公開に批判してる人がいるけど、
    旭川市教育委員会や中学校の関係者一同が加害者擁護ばかりで
    真剣に向き合って解決してこなかったからこそ
    内部通報したみたいにこういう結果になったんじゃないの?
    あれだけ残忍な事をしでかしたのに加害者連中は何の罪にも問われず、
    今も悠々自適に青春を謳歌してるんでしょ?
    警察も学校内で起こった事案は治外法権だとか言ってられないでしょ。
    加害者連中のやった事は殺人犯罪そのものなんだし。

    今回の報告書公開は本当に勇気ある行動だし、
    よくやってくれたと思う。
    だから、報告書を公開してくれてありがとう、だよ。

    • 匿名
    • 2024年 6月 27日 8:56am

    @匿名
    週刊誌の妄想よりも多くの人の証言のほうが信用できるだろ

    • 匿名
    • 2024年 6月 27日 12:42pm

    まあどのみちいじめは無くならないっす。
    人は本質がいじめを生みたがってるんですよね。
    いじめで人が苦しむ→その加害者をいじめる→その加害者が苦しむ→それを誰かがたたく…
    何故学べないのか
    それは単純で人はどれだけ賢くても大衆は愚かだからですよね
    愚かな大衆は少数でも声がデカくなります
    本質的にどうしようもない。今の現状が嫌なら自ら命を絶つことこそが真の合理的解決策である。
    いじめや批判を否定すること。それは人間の本質を否定すること。
    完全自殺マニュアルはある意味では聖書ですよ・・・
    私はもう疲れました。今後のご活躍期待しております。

    • 匿名
    • 2024年 6月 27日 6:02pm

    「今後のいじめ対策をどうするか」も確かに重要だが、まずは、「いじめから繋がった犯罪を握りつぶす問題」についてどうするか、だろうか?
    それを判断する上で各々考えがあると思うけど、今回の資料は判断材料の一つになるだろう。
    自分にできることは少ないだろうけど、どんな着地をするか。
    このサイトは応援するよ。

    • 匿名
    • 2024年 6月 28日 3:58pm

    このような不幸な事件の再発を予防するために報告書をひろくの人に閲覧してもらったことには一定の意義があると思います。引き続きいじめ撲滅活動を継続してください。

    • 匿名
    • 2024年 6月 30日 8:24pm

    @匿名
    いや上げてinternet archiveに残してから削除して、永遠に削除されない形式にしたんだろ

    • 匿名
    • 2024年 6月 30日 8:32pm

    @匿名
    認められたよ

    • 匿名
    • 2024年 7月 01日 3:55pm

    貴方のイジメに対する姿勢には大いに賛同しています。

    ですが、貴方が「正義」を持ち出して、自身が納得できない相手への対抗手段として公開された事は大いに批判します。
    極論を申し上げれば、自身の「正義」の肯定は最終的には「テロ」や「私刑」の容認です。この程度で、と思うかもしれませんが、テロの始まりも本当に小さな切っ掛けから始まるのです。

    「正義」は胸の奥に秘め行動力とする物です。断じて、「大義名分」にすべき物では無いと考えます。

    貴方が本当にすべき事は、現場で真摯に動かれた先生方を纏め上げ、作戦を練り、此処は違う此処はこうだった!と公共の場で、弁護士を立てられた上で事実を公表し、先生達の世間及び法的な防波堤に成る事では無いのですか?

    この様な事をすれば、教師の方々やいじめ被害者にとって、前向きな妥協点すら見つけられません。逆に、変な反発を生み出します、イジメに向き合ってきた貴方ならわかる筈です。事実、こんな筈じゃない方向に行って、大事に成った例を自分は経験しています。
    厳しくても、私に対して行われたイジメに向き合ってくれていた先生を守りたかったけど、初動責任の問題として先生が謹慎させられました。10年以上経った今でも、思い出すと悔しくて理不尽だと歯噛みする思いをしています。

    だからこそ、教師陣を守る為、イジメと真摯に向き合う教師の為の行動を成す、その為には舞台を作って教師陣に発言する機会を設け、法的、社会的な圧に対する防波堤と成り、正論と事実の発信を公、ネット双方で行い、浸透させていく事が重要だと私は考えます。

    長い道のりです、辟易する道だと思います。ですが、イジメ冤罪で謂れのない誹謗と無責任な責任追及の世論から、生徒、保護者、弁護士の方々の力を借りて教師の方々も法的勝利を勝ち取っています。こう言った方々とも密に連携し、世論に発信、浸透させていく必要があります。

    敢えて、貴方の活動を評価しつつ、貴方の行動を非難します。貴方の行った事は決して、良い方向に向きません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP