いじめられたらするべきこと

なぜリークしたのか


メディア旭川2019年10月号には「橋から飛び降りて自殺を図り」と記載されている。

しかし、2020年1月5日に母親が相談をした「子ども相談支援センター」の電話相談記録票には「川から飛び込み自殺未遂を図った」と記録されている。

前者は、日本語として成立しているが、後者は、成立していない。

川「から」飛び込む場所など存在しないからだ。

川「に」と書くべきなのに、川「から」と間違えて書いてしまっただけではないのか?と思うかも知れないが、それは違う。

川「に」と飛び込んだと聞いて川「から」と書くことはない

電話に出た者は、少なくとも「から」「飛び込んだ」というワードを聞いて、そのように書いている。

しかし、川「から」飛び込んだ、では日本語にならない。

ということは、どういうことかと言うと、対応した者は「川」というワードは聞いたが、どこから飛び込んだのかがよく解かっていない、または、「川から飛び込んだ」と言われたのでその通りに書いたかの、どちらかである、ということだ。

母親は、川に飛び込んだとだけ言えば良いのに、何故「~から飛び込んだ」という言い回しをしたのか解るだろうか。

答えは、前後の説明を工夫して、相手に勘違いをさせる為、つまり「飛び込み自殺(未遂)であったと思わせたかったからだ。

実際は、水深1m程のウッペツ川で自殺を図ることはできない

しかし、「自殺未遂をした」ということにならないと、実害、つまり精神的苦痛の度合いがハッキリせず、「これほどの状況なのに、いじめの認知をしなかった」として学校の不備を指摘することもできず、自殺未遂ではないなら一体何なのか?という方向に話が進む危険さえあり、賠償を求めても勝てない又は費用倒れになる可能性が高い。

だから、彼らは、誤信させるような言い回しをしながら、繰り返し繰り返し自殺未遂」というワードを使ってきたのだ。

ちなみに、北星中学校は、メディア旭川が発売されて、はじめて、母親が「自殺未遂」と主張していることを知る。


クローズアップ現代 2021年11月9日

ご承知の通り、1人の生徒が、3人のグループLINEに、本件生徒のわいせつな画像を載せた事実はあるが、SNSに拡散した事実はない

※LINEにSNS機能が追加されたのは2023年からであり、報道した時点ではSNSではない。 LINEがSNS開始 ホームとタイムライン機能を追加

しかし、メディア旭川の記事にも、母親が相談をした「子ども相談支援センター」の電話相談記録票にも、本件生徒のわいせつな画像がSNSに拡散された」旨の記載がある。

それだけではない。

本件生徒が、男子生徒に不適切な写真や動画を撮影された」旨の記載まである。

私達は、文春オンラインの記事で、母親の親族を自称する者の「記事は主犯格の人間を間違えていた璃、事実と異なる部分もありますが」などという言葉を見て「メディア旭川は、ちゃんと取材せずに、適当なことを書いたのか」と思い込んでいた。

しかし、実際は違った。

当時の母の主張メディア旭川の記事内容は、完全に一致していたのだ。

つまり、メディア旭川は「母親の主張を正確に記事に反映させていた」ということになる。



メディア旭川には、母親の主張だけでなく、学校と市教委しか知り得ない情報も書かれていた。

では一体、誰が、母親の主張と、学校と市教委しか知り得ない情報を、正確に、メディア旭川に対してリークしたのか。

答えは、当時、母親から相談を受けていた旭川自民党所属議員林祐作市議(現道議)である。

彼は当時、経済文教常任委員会の委員長を務めており、市教委に顔が利いた。

そして実際に、本事案のことで、山川学校教育部長と連絡を取り合っている。

とはいえ、彼は、大きな政党の看板を背負っている議員。

誕生日を迎えたばかりの13歳の少女の保護者に、無断で、性的トラブル事案の詳細を、地元の月刊誌にリークしてしまうとは思えない。

流している時点で、問題なのは言うまでもないが、13歳の少女の保護者に、無断で、性的トラブルの詳細を流す、というのは次元が異なる。

流石に、そこまで愚かな人間とは思えない。

確かに、当時は立憲民主党体制、林市議は反体制側の議員なので、市の不祥事として報じられれば、彼はその恩恵を受ける。

しかし、だとしても、絶対に無断ではリークできない。

何故ならば、そんなことをすれば、間違いなく特定され、自分の不祥事になるからである。


我が子の未来を考えれば、そのような話を公に放つのは極めてリスキーだ。

そんなことは馬鹿でも解かる。

だから、「そんな筈はない」と思う人も一定数いるだろう。

いや、こうも思うかも知れない。

「亡くなった後に報じて貰うのと、生きている時に報じさせるのは、別次元だ。」

「だから、あり得ない。」

「それに、ご遺族はこうも言っていた。」


文春オンライン 2022年2月8日

「こんな風に葛藤されているご遺族が、我が子が生きていた時に、そんなことをする筈がない」

しかし、母親は、転校先の中学校の教諭2名にも我が子の性的なトラブルの詳細を話している

それも、かなり誇張してだ。

こう言っている。

「その中の数名にレイプされたそれらの様子を動画に撮られ拡散された。」

勿論、レイプをされた事実も、その様子を動画に撮られた事実もない。

完全にだ。

同日午後、本件生徒は、主治医と面談した。医療記録には、次のような本件生徒の発言が書かれている。

・学校早く行きたい、勉強遅れちゃうから、出席日数も気になるし

・主治医の「レントゲンとかするけど妊娠危ないのわかる?妊娠の可能性は?」という質問に対し、本件生徒は「やったことないから大丈夫。言った方が安心でしょ。」と答えた。

6月24日(月)の医療記録

母親は、何故そのような嘘をついてまで、戦い続けたのか。

あなたの意見を聞きたい。


関連記事

  1. 旭川女子中学生いじめ凍死事件報道から現在までの時系列

  2. 御遺族の実態

  3. 【歴史に残る人権蹂躙事件】一体何が真実なのか?【盛りに盛られた旭川女子中学生いじめ凍死事件】

  4. 暴力革命を企む「公安調査庁の調査対象団体」に寄付をしてしまう弁護士の不当な要求に従う組織は「共産主義…

  5. 【いじめ解決人最終見解】2019年のトラブルと「自殺の疑いがある失踪」の因果関係は、絶対に認めてはな…

  6. 廣瀬里美の正体

  7. 【告発】遺族は、何度も何度も、石田弁護士に奢らされていた。そして、その現場を、共同通信の石黒記者や文…

  8. 捏造記事を削除して、謝罪文を掲載して下さい

  9. 失ったもの 傷ついたもの

コメント

    • 匿名
    • 2024年 7月 10日 7:15am

    娘さんが生きていて、精神科入院し回復できるように生活を支えるべき時期に、あっちの人こっちの人と動きまわり、事実ではない事があたかも事実であると思わせたかったととれます。あれは凄惨ないじめだったと、娘さんの認知まで歪ませてしまった。すごいエネルギー量だと思います。が、娘のための戦いではないですね。

    • 匿名
    • 2024年 7月 10日 8:30am

    母親であれば、子どもの精神状態を1番に考えるはずですが…転校した学校でその様な話を先生にしていたら当然、学校には行きたくない…。それも、思春期真っ只中の女の子ですよ…。私なら、家にも学校にも居場所がない。帰りたくないと同じ道を選んでしまうと思います…。

    • 匿名
    • 2024年 7月 10日 8:55am

    「親が大人になったら結果しか見てくれない。そこまでたどり着く過程を見てくれるのは小学生までだってずっと言われてるので言い返せなくって。」

    この彼女のツイートから察するに、母親自身が結果が全てだと、言われて生きてきたのだろう。

    子どもが学校で問題行動を起こす=親の育て方が悪い
    子どもが不登校=サボっている=親の責任

    というような、間違えた社会の認識にとらわれ、自身の思う世間一般的な子ども像、親子関係等と実際のそれが一致せず、子育てが上手くいっていないというレッテルを貼られることを恐れ、何とかしなければと考えた。

    子どもがいじめられて学校に行っていない、ということになれば、周りの反応もそれは仕方ないよね。という風になるだろう。
    いじめの内容は酷ければ酷い方が周りの同情を集める。
    学校が対応してくれていないということになれば、学校による被害者の保護者という立場も獲得でき、自身の心の安寧も保たれる。
    「自分のせいではない」という結果を追い求め、行き着いた先が、誇張したリークだったのではないだろうか。

    それが彼女自身の目に留まったり、巡りめぐって耳に入るということまでは予想していなかったのだろう。
    もちろんその先も。

    • 匿名
    • 2024年 7月 10日 12:55pm

    そもそも亡くなられた子は明らかに家庭環境に不満を持っていたにも関わらず、
    娘は愛人に懐いていたと断言する様な母親なんて信用できない。

    その上で、
    ①記事を掲載しない様に主張した事がそもそも嘘
    ②娘の為ってのが嘘
    そのどちらかだと思います。
    ②の場合は、
    自分の嘘がバレるのを恐れての対応

    記憶にある人もいるとは思うが、
    一時期、イジメ被害を強調するために亡くなられた子が描いていた絵が頻繁に紹介されていた。
    しかし母親側の強い要望によって絵の使用などができなくなった。
    考えられるのは、
    イジメ被害を受けた事でこんなネガティブな絵を描くようになったとして、あの内容でイジメ被害を強調していたせいで、
    イジメ被害にあったとされるよりも前から既にそういう絵を描いていたり、
    いじめ被害後も明るい感じの絵を描くことがあったりした事実がバレてしまうと、
    自分達な主張の正当性が崩れてしまうからという理由。

    本件は、
    2003年の福岡の件や2005年の長野の件とも類似点(特に母親の特徴)が多い。
    福岡の件は「でっちあげ」
    長野の件は「モンスターマザー」という福田ますみさんという子供が抱えていた問題に真摯に向き合う人物が書いた本を読むと分かりやすいです。
    マスコミはのその二件から何も反省していません。

    それどころか大津の事件という大きな成功体験があったものだから、その後の7年前の愛知の件や3年前の本件の様にやらかし続けています。

    • 匿名
    • 2024年 7月 11日 12:42pm

    言いたいことはわかります。
    でも今まで、真実とは程遠い記事で正義を利用して、加害者とされている子達や、学校の先生方が世の中から叩かれイジメられるのを平気な顔して見ていた人達に、その言葉を先に投げかけて見てほしいです。

    • 匿名
    • 2024年 7月 11日 3:04pm

    そうですね、ごもっともです
    「顔や名前が出てしまっているけど、遺族側から出てる情報だけでこんな状況おかしくないか?」と思っていても見て見ぬふりのいじめを続けていた私がいます
    でも、ふつざわさんの話を見て考えが改まりました
    ふつざわさんの話を一方的に信じているわけではなくて、爽彩さんが失踪したとの情報が出て以降、疑問に感じていた事がふつざわさんの話だと納得できる、一番辻褄が合うと感じたからです
    だからって、今更私が声をあげても遅いのかも、見て見ぬふりをした時間は戻ってこない
    爽彩さんの為にも、今 名前や顔を出てる人達の為にも、やっぱり私も動きます、ふつざわさんだけでなく私も。

    • 匿名
    • 2024年 7月 11日 9:58pm

    匿名 :
    「親が大人になったら結果しか見てくれない。そこまでたどり着く過程を見てくれるのは小学生までだってずっと言われてるので言い返せなくって。」
    この彼女のツイートから察するに、母親自身が結果が全てだと、言われて生きてきたのだろう。
    子どもが学校で問題行動を起こす=親の育て方が悪い
    子どもが不登校=サボっている=親の責任
    というような、間違えた社会の認識にとらわれ、自身の思う世間一般的な子ども像、親子関係等と実際のそれが一致せず、子育てが上手くいっていないというレッテルを貼られることを恐れ、何とかしなければと考えた。
    子どもがいじめられて学校に行っていない、ということになれば、周りの反応もそれは仕方ないよね。という風になるだろう。
    いじめの内容は酷ければ酷い方が周りの同情を集める。
    学校が対応してくれていないということになれば、学校による被害者の保護者という立場も獲得でき、自身の心の安寧も保たれる。
    「自分のせいではない」という結果を追い求め、行き着いた先が、誇張したリークだったのではないだろうか。
    それが彼女自身の目に留まったり、巡りめぐって耳に入るということまでは予想していなかったのだろう。
    もちろんその先も。

    母親がそうだったとして、誰なら母親を責める権利がありますか?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP