旭川女子中学生いじめ事案

アスペルガー症候群は「反省」できない


 

アスペルガー症候群は

「後悔」はできても

「反省」はできない


アスペルガー症候群は、以下の特性があり、「反省」をすることが極めて困難である。

1 他人の気持ちを想像することができない(想像力の障害)

  → 見たことのないものを思い浮かべることが困難であるが故に強いこだわりを示す

2 犯したことの社会的な意味を理解できない(社会性の欠如)

  → 違法であることは理解できても、「非難されること」は想定できない

3 コミュニケーションの障害があり、反省に導くのが困難(コミュニケーションの障害)

  → プライドが高く扱い辛い傾向がある

したがって「心からの反省」を減刑(情状酌量)の一要素として考慮するならば、アスペルガー症候群は「圧倒的に不利な立場」といえる。


 

では、どうするべきか?


以下のプロセスに従って、「反省なき更生」に導く他ない。

1 自分の特性に気付かせる

  → 他者の気持ちを想像する練習をさせ、困難さを自覚させると共に、非難しないように理解を促す

2 損得勘定を刺激する

  → それをしなくては不利であることが明らかな行動に関しては、融通が利かないと評されるほどに、集中して行うことができる

3 健全な自己肯定感を持たせる

  → 褒められた体験が少ない傾向があるため、課題を与え、プラスの評価をする


関連記事

  1. 梅村みずほの発言は、憶測であり、デマである。即刻、遺族に謝罪し、発言を撤回せよ!

  2. ススキノ殺人遺棄事件の犯人像

  3. ススキノ殺人死体遺棄事件の首謀者 田村瑠奈 は、アスペルガー症候群の特性に起因した快楽殺人犯である

  4. ウィシュマさん収容放置死事件(ウィシュマさんのDV被害について、支援者の対応について、梅村みずほの主…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

年間ランキング

PAGE TOP